「コーヒーはおっさんの飲み物」という日が来年には来るかも。
といっても、これはアメリカの話です。アメリカはもう若者の間ではお茶がコーヒーにせまる勢いです。スタバのお茶専門店「ティーバナ(TEAVANA)」展開もその一端ですが、世界的にいまお茶が熱い!海外、特にアメリカの若者の間でお茶人気が高まっています。
スターバックスがお茶専門店「ティーバナ(TEAVANA)」を2012年に買収し、2013年以降全米で続々と出店。さらには、今年には日本に上陸するとコラムでご紹介しましたが、スタバがお茶専門店の展開を始めた理由は、900億ドルとも言われるグローバルなお茶市場への参入が目的ですが、もう1つ、アメリカでのお茶への関心が上昇していることも理由の1つだそうです。

元記事はコチラからご覧いただけます

さて、ここで興味深いデータがあります。年代別でコーヒーとお茶をどちらを好むかアメリカ人の2015年の統計です。
30歳以下の若者の間では、コーヒーとお茶は各42%と同じぐらい好まれているという結果が出ています。ところが、世代があがるたびにコーヒーを好む率が増え、お茶を好む率が減っていきます。30歳~44歳:コーヒー50%、お茶35%。45歳~64歳:コーヒー62%、お茶28%という比率ですが、65歳以上の世代では、コーヒーが70%、お茶が21%と、圧倒的にコーヒー強しです。

コーヒーはアメリカでは高齢者が好む飲み物であるといえます。一方、若い世代で人気になってきている飲み物がお茶です。なぜお茶がアメリカの若者の間で好まれるようになってきているのか?最も高い要因としてはお茶の健康上の利点があると言えるでしょう。緑茶はアメリカでは特に健康志向の高い消費者の間で人気があります。今後も徐々にコーヒーの人気が陰りを見せ、数年の間に飲み物の選択肢でお茶がコーヒーと肩を並べることになるでしょう。そのうち「コーヒーはおっさんの飲み物」というイメージが、アメリカの若者の間では定着しているかもしれません。


◆全米に50店舗の日本茶カフェを展開

そんなトレンドにのって日本のお茶もアメリカでがんばってほしいところですが、1つ朗報が。

先日、クールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)が、長崎の「日本茶カフェ」事業に約2億6千万円を出資することを発表しました。日本の商品や文化を海外へ売り込む官民ファンドであるクールジャパン機構が、日本茶の輸出事業を行う「マエタク」と、カステラの「文明堂総本店」など長崎県の企業を中心とする団体とともにアメリカにおける「日本茶カフェ」事業を展開します。

日本茶カフェの運営は共同で設立する「GREEN TEA WORLD USA, Inc」が行い、今年中に米国カリフォルニア州に1号店を出店し、今後10年間で50店舗の出店を目指すという実にアグレッシブ。日本茶カフェ「グリーンティーテラス(仮)」は健康志向が高く、ライフスタイルのこだわりを持っている層をターゲットにしています。米国1号店の出店エリアもサンフランシスコや、サンノゼ、ロサンゼルスなどのそれに合致した立地を選ぶのでしょう。

カフェでは日本産の良質な茶葉を使ったドリンクを長崎の茶器で提供し、テイクアウトにも対応。ドリンクのラインナップとしては、日本産茶葉を利用した煎茶、ほうじ茶、抹茶エスプレッソ、キャラメルほうじラテ、スパークリンググリーンティなどを予定。1ドリンク約3~4USドル、400円前後で販売ということで、これが高いのか安いのかは判断が難しいところ。サイドメニューはもちろん文明堂のカステラ!

ここで気になるのが、茶葉や茶器は日本から空輸するのだろうけど、実際店舗でお茶を淹れるスタッフのスキル。日本人でも最近ではちゃんとお茶を淹れられる人が少なくなっているのに、現地採用のスタッフが果たして美味しい日本茶が淹れられるのか?それとも、誰が淹れても美味しいお茶が淹れられる仕組みを作るのか、そこは注目したいです。


じつは日本茶が海の向こうで注目されるのはこれがはじめてではありません。明治から大正にかけて、生糸とならんでお茶は日本の主要な輸出品で、海外にたくさんの日本茶が渡っていったのです。国内生産量の過半数が輸出され、輸出先No.1がアメリカでした。しかし、アメリカでのインド・セイロン紅茶の人気や、戦争の影響により輸出は減っていき、国内市場へと目を向けていくことになります。
ここ最近では欧米で健康飲料として注目され輸出も増加傾向にあり、2012年の輸出額は5年前の1.5倍の50.5億円にもなり、その約半分はアメリカが占めます。


全米に50店舗の日本茶カフェを展開するというのも、アメリカでのお茶のトレンドを見ると受け入れられる素地があるように見受けられます。


そのうちハリウッドセレブが日本茶を片手にもったお洒落なスナップがInstagramにUPされたりするかもしれません。
アメリカの若者の間で「Coolな日本茶ブーム」がくるのか、日本茶好きとしては成功してもらいたいところです。


(satomin@日本茶インストラクター)