日本列島の桜前線真っ只中。花見は春の風物詩ですね。皆さんは花見はもうされましたか?全国津々浦々、晴れた日の花見スポットは多くの見物客で賑わいを見せています。そんな中、楽しもうと思っていたのにイラッした経験はありませんか?そこで、皆さんが「花見でイラッとすること」について聞いてみました。

■花見でイラッとすることランキング
1位:寒すぎる
2位:周りの宴会がうるさすぎる
3位:トイレが混んでいる
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《寒すぎる》でした。見上げれば桜の花弁でピンク色に染まっているのに、空気は不安定な春の気候。冬の名残が残っているかのように冷え込むことも。思い切って春らしく薄着のコーディネートしてきても、長い時間外で過ごしていると、体が冷えてきてしまいます。防寒対策は万全に挑みたいものですね。2位は《周りの宴会がうるさすぎる》でした。ついつい春の陽気とお酒のほろ酔い気分で浮かれてしまって、騒いでしまうというケースはよくあると思います。花見は皆で楽しむもの。周りの人に不快感を与えないよう、騒ぐのも程々にしましょう。3位は《トイレが混んでいる》でした。場所にもよりますが、公共のトイレや仮設トイレを利用することが殆どだと思います。数少ないトイレに対して花見客の混雑で大行列になっている光景はよく見かけますね。寒さに加えて、拍車をかけるようにお酒が入っているためトイレが近くなります。並んでいる人にとっては、「まだ~?」とイラッとしてしまいますね。4位は《酔っぱらいに絡まれる》でした。酔っ払いの中でも一番タチが悪いパターンですね。酔っ払って、つい気持ちが大きくなり、周りの人に絡みたくなるのでしょう。「空気読んでください」と説教したくなるものです。また、同率で4位の《天気が悪い》や6位の《桜が咲いていない》、8位の《桜が散っている》は、私たちにはどうにもできない自然によるものです。「それもあり」くらいに大きく構えて楽しむのは如何でしょうか。
今回のランキング結果は、全体的に「人的なもの」と「自然的なもの」に大きく分かれました。花見スポットの下調べや準備を前もって行えば、多少のイラッと感は防げるかもしれません。ランキング結果を週末の花見の参考にして、より充実した花見を楽しんでみては如何でしょうか?

調査方法:gooランキング編集部にてテーマと設問を設定し、gooランキングの投票サービスにてアンケートを行いその結果を集計したものです。
調査期間:2015年03月18日~2015年03月26日
投票数合計:385票