Amazonは、豊富な品揃えとカスタマーレビューの充実度で知られるインターネット通販サイトです。ユーザビリティが高いサイトとして有名なAmazonですが、使い方によっては残念な買い物になってしまうことも…。今回は、Amazonで買い物をして後悔したことについて、みなさんにアンケートをとってみました。

■Amazonで買い物をして後悔したことランキング
1位: 別のネットショップでもっと安く売っていた
2位: レビューの点数が高かったので買ったところあまり好みではなかった
3位: 送料を確認せず買ってしまって高く付いた
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

ダントツで1位にランク・インしたのは、《別のネットショップでもっと安く売っていた》でした。ネットショップは実店舗と同じく、出品者や店舗によって商品価格が異なることが多くあります。商品を買ったあとでより安い同一商品が見つかると、なんとなく損をした気分になりますよね。しかし、広大な情報量のネットの海から「最安価商品」を探そうとすると、それなりの時間がかかる他、運が悪ければ偽物をひいてしまうことも…。手間やリスクを考えれば、ちょっとした値段の差は「安心料」といえるかもしれません。

2位は《レビューの点数が高かったので買ったところあまり好みではなかった》でした。Amazonのレビューは、商品を購入した人以外でも投稿できるようになっています。信頼できるレビューを探したい時は、「Amazonで購入」と記載のあるレビューを見るか、投稿者の他のレビューの信憑性をチェックしてみるといいかもしれません。

ランキングには、通販で経験しやすい「苦い思い出」が多くランク・インしています。ネット通販をよく利用する人は、今後の教訓のためにもランキングを確認してみてはいかがでしょうか?

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月27日~2015年3月3日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)