「話題にしたいけど、なかなか面と向かって聞きにくい!」と社会人が思うことといえば、年収ネタ。「みんなはどれくらいもらってるの?」とは思うものの、ストレートに聞けないことも多いですよね。今回は現役薬剤師なら知っておきたい、「薬剤師の年収」について探ってみました。

■薬剤師の年収ランキング
1位:500-599万円
2位:400-499万円
3位:600-699万円
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《500-599万円》が選ばれました。
薬剤師は医療に関わる仕事ですが、年収はサラリーマンの平均年収よりわずかに高いという意外な結果に。2006年に学校教育法等が一部改正され、薬学部が医学部と同じく6年制となったこともあり、「もうちょっとお給料高くてもいいんじゃない?」という意見が多いようです。

2位には《400-499万円》がランク・イン。
初任給の頃はさらに年収が控えめになるという意見もランク・イン。しかし薬剤師は、人間の生活に欠かせない「薬」という商品を扱う職業である以上、国内のどこに行っても専門職に就きやすいというメリットがあります。

そして少数派ではありますが、9位には「《900-999万円》ほどもらっている」という意見もランク・イン。製薬会社で成果を出したり、ドラッグストアや調剤薬局を開業することで、よりよい年収を得ることもできるのだとか。就職して安定した生活をするか、起業して大きな財産を得るか。異なる人生プランを立てられるところも、薬剤師という職の魅力なのかもしれません。

昨今は薬剤師不足が叫ばれていることもあり、待遇のよい労働環境を探しやすくなっています。「もっといい年収を得たい」と思ったら、それは自分を変えるチャンスかも。転職サイトなどを活用して、よりよい環境を探してみてはいかがでしょうか?
薬剤師の年収ランキング

調査方法:gooランキング編集部が「「NTTコムリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年3月13日~2015年3月23日
有効回答者数:現役薬剤師:94名