同業者の行動は、一般の人よりも気になりがちなもの。それは薬剤師でも同じです。今回の調査では、薬剤師に不安を誘うと感じる薬剤師の行動を聞いてみました。薬剤師同士では、どんな行動が気になったり、疑問を感じたりするものなのでしょうか。1位には、一般人には衝撃の回答がランク・インしました。

■薬剤師から見た不安を誘うと思う薬剤師行動ランキング
1位:調剤ミスを隠そうとしている
2位:疑義照会しないで処方している
3位:私語が多い
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《調剤ミスを隠そうとしている》が選ばれました。
場合によっては命にかかわる調剤ミス。それを隠してしまうというのは、同じプロとして不安に思うのは当然です。処方内容が間違っているかどうかは、一般の人にはわかりづらいもの。薬を扱うプロなら、そういった点は改善していただきたいですね。

2位には《疑義照会しないで処方している》がランク・イン。
薬剤師は医師の指示に従って薬を処方しますが、処方箋の内容に疑問があるときには、医師に問い合わせることが薬剤師法で義務付けられています。しかし経営効率を優先して、疑義照会なしに処方するという薬剤師もいるのかもしれません。

3位は《私語が多い》でした。
薬剤師は、医療過誤が人の命にも関わる可能性がある仕事。私語の多い状態で、ミスなくできるのか疑問を感じている薬剤師が多いようです。

一方4位には《会話がぎこちない》、7位には《人の目を見て話せない》など、コミュニケーションに関する回答もランク・イン。患者への薬の説明なども含まれる薬剤師の仕事、だからこそ薬剤師には、知識面だけでなく、コミュニケーション能力も求められます。会話がぎこちなかったり、《人の目を見て話せない》となると、業務に支障が出そうですよね。
衝撃の1位!薬剤師が選ぶ、不安を誘う薬剤師の行動ランキング

上位の2つには、一般の人がなかなか気づけないポイントがランク・インする結果となりました。薬に関する疑問に、誠実に答えてくれる調剤薬局を利用したいものですね。

調査方法:gooランキング編集部が「「NTTコムリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年3月13日~2015年3月23日
有効回答者数:現役薬剤師:94名