医療ドラマは、医療現場を題材にさまざまな人間模様を絡めたストーリーが大きな特色ですよね。緊迫した手術シーンや医師と看護師との人間関係、病院の様子などなど…医療の知識のない人でも大いに楽しめる医療ドラマ。しかし、実際の医療現場で働いてる看護師目線では、医療ドラマの見方も違ってくるようです。今回は、あまりにも現実離れしていると思う医療ドラマを、看護師の皆さんに聞いてみました。

■看護師目線であまりにも現実離れしていると思う医療ドラマランキング
1位:ナースのお仕事
2位:ドクターX~外科医大門未知子~
3位:JIN―仁―
3位:まっしろ
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《ナースのお仕事》が選ばれました。
フジテレビ系列で1996年にスタートした人気のドラマシリーズ《ナースのお仕事》は、観月ありさ演じる朝倉いずみが、一人前の看護師として成長していく姿をコミカルに描いた物語。厳しい先輩看護師、尾崎翔子を松下由樹が好演しました。「先輩!」「朝倉!」の絶妙な掛け合いがドラマを盛り上げましたよね。しかし、看護師目線で見みると、《ナースのお仕事》は実際の医療現場ではありえない設定のようですね。
看護師が現実離れがひどいと思う医療ドラマランキング

画像:goo画像検索


2位には《ドクターX~外科医大門未知子~》がランク・イン。
米倉良子演じるフリーランスの外科医、大門美知子。特定の病院に属さない孤高の女性天才外科医は、まさに現実離れしていると言えるのかも。また、「私、失敗しないので」、「御意」、「致しません。」の名セリフが印象的でしたね。ちなみに大門美知子のようにフリーランスで医師をしている人は、日本にも実際におり、そのうち女性医師の割合は4割程度だそうです。
看護師が現実離れがひどいと思う医療ドラマランキング

画像:goo画像検索


3位は《JIN―仁―》でした。
現実とはかけ離れた設定の医療ドラマですよね。江戸時代にタイムスリップしてしまった脳外科医、南方仁を演じていたのは大沢たかお。仁を慕う武家の娘、咲を綾瀬はるかが演じました。江戸時代で流行ったコレラを治療したり、外科手術を施したりと、現実ではありえない展開にはらはらした人も。逆にそのありえない設定が、《JIN―仁―》の最大の魅力ともいえますよね。
看護師が現実離れがひどいと思う医療ドラマランキング

画像:goo画像検索


ランキング上位には、人気の高い医療ドラマが選ばれました。現実離れした医療ドラマだからこそ、見る人を惹きつけ、大人気ドラマとなったのかもしれません。

調査方法:gooランキング編集部が「NTTコムリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年3月13日~2015年3月17日
有効回答者数:現役看護師:164名