春になり、イチゴをはじめとした果物がおいしい季節がやってきました。スーパーにはズラリとおいしそうな果物が並び、つい手に取りたくなってしまう人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、おいしい果物の見分け方の中でも、多くの人が知らなかったお役立ち情報について探ってみました。

■「おいしい果物」の見分け方で知らなかったランキング
1位:キウイ/皮の色が薄いもの
2位:イチゴ/ヘタがイチゴ側に張りついているものではなく反っているもの
3位:パイナップル/全体的に丸みがあり、下ぶくれの形のもの
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《キウイ/皮の色が薄いもの》でした。果物と聞くと、つい色鮮やかなものが熟していておいしいと思いがちですが、キウイはその逆で、皮の色が薄いものがおいしい証拠だそうです。スーパーで並んでいるものの中でも、皮の色が薄いものを選んでみてはいかがでしょうか。2位は《イチゴ/ヘタがイチゴ側に張りついているものではなく反っているもの》でした。イチゴそのものの色や形で選ぶ人はいても、なかなかヘタまで見る人はいないでしょうね。ヘタが果実に沿っているものが良いかと思いきや、反っているものが良いという事実には驚きです。3位は《パイナップル/全体的に丸みがあり、下ぶくれの形のもの》でした。パイナップルは全体的な形が良い物を選びがちですが、実は下ぶくれの形が良いそうです。見た目の形とおいしい果物の形が異なることを知らなかった人は多いのではないのでしょか。
このように、果物の意外な見分け方に驚く人が多かったようです。これらのお役立ち情報を知っておくと、いざスーパーで選ぶときに役立ちそうですね。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月27日~2015年3月3日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)