春はもうすぐそこ! 今年ももうすぐ桜の季節がやってきます。毎年桜の名所に訪れ、お花見を楽しんでいる人も多いかと思います。そこで今回は、“桜の名所100選”の中から、一度は行ってみたい中国・四国の桜の名所について探ってみました。

■一度は行ってみたい桜の名所ランキング(中国・四国編)
1位:松江城山公園
2位:上野公園
3位:千光寺公園
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《松江城山公園》でした。島根県松江市にある《松江城山公園》は、昼間はもちろん、夜桜を楽しむ人も多く、毎年たくさんの人でにぎわうことで有名。桜の開花期間中はボンボリの点灯や桜のライトアップが実施され、幻想的な桜の景色を見ることができます。ロマンチックな夜桜を満喫したいという人が多く、1位に輝きました。2位は《上野公園》でした。広島県にある《上野公園》の桜の見どころは上野池周辺。期間中はボンボリ点灯を行うことで、夜に訪れると池の水面にボンボリの灯りと桜が映し出され、美しい景色を楽しむことができます。3位は《千光寺公園》でした。広島県にある《千光寺公園》は、公園一帯にソメイヨシノを中心とした桜の花が咲き乱れることで有名です。山頂には展望台もあり、鮮やかな桜の景色を一望することもできます。また、夜はぼんぼりが点灯され、夜桜見物も楽しめると人気を集めています。
このように、中国・四国で人気の桜の名所は、夜桜も楽しめる場所が多いようです。2015年の関西の開花予想は3月20日ごろでしたが、松江城公園はまだ開花宣言はされていないようです。(3/25時点)今年はこれらの名所に足を運び、目に鮮やかな桜を楽しんでみてはいかがでしょうか。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月27日~2015年3月3日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)