子供の健康を守るために、予防接種やワクチンは計画的に受けさせたいもの。しかし、スケジュールを組んで接種させているつもりでも、ママ友からの情報を聞いて「そんな予防接種もあるの?」なんて驚いた経験はありませんか。そこで、「知らなかった子どもの予防接種ランキング」についてまとめてみました。

■知らなかった子どもの予防接種ランキング
1位:ロタウィルスワクチン
2位:A型肺炎ワクチン
3位:HPV(子宮頸がん予防)ワクチン
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

 聞いたことがあるものから、名前から想像するのは難しいものまで、さまざまなものがランク・インしました。その中で、知らなかった予防接種として1位に輝いたのは《ロタウィルスワクチン》でした。乳幼児が感染することの多いロタウィルスは、激しい嘔吐や下痢を発症し、場合によっては肺炎などの合併症を引き起こすこともある恐ろしいウィルス。《ロタウィルスワクチン》は口から飲む経口タイプのワクチン。子供を守るためにも、予防接種の計画の中に入れておいた方がいいかもしれません。また、3位にランク・インした《HPV(子宮頸がん予防)ワクチン》は、小学校6年生から高校1年生の女の子に推奨されているワクチンで、効果が約20年続くとされることから、将来の予防のために注目が集まっているようです。将来に備えるという意味で、受けさせたいという方も多いようです。
 こんなにたくさんの予防接種があるなんて知らなかった!という方も多いのではないでしょうか。お子さんの健康を守るためにも、事前に受ける年齢や対応機関などを確認した上で、積極的に予防接種を受けることをおすすめします。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月24日~2015年2月27日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)