女性が避けては通れない悩みのひとつといえば、生理痛。特にひどい症状が出やすい人は、「本当にもう勘弁して」と自分の体に言いたくなることも多いのではないでしょうか。今回は、女性特有のPMS(生理前症候群)のツライ症状について、女性のみなさんにアンケートをとってみました。

■女性特有のPMS(生理前症候群)のツライ症状ランキング
1位:イライラする
2位:便秘または下痢になりやすい
3位:頭痛
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位にランク・インしたのは、《イライラする》でした。
PMSによるイラだちは、本人でさえもなかなかコントロールできないもの。わけもなくイライラし、周りにあたってしまいそうになる自分にまたイラついてしまう…そんな悪循環が辛いという回答が多く集まりました。簡単な対策方法としては、生理周期をきちんと把握しておくと良いのだとか。「この苛立ちはPMSのせいなんだ」と割り切ることで、必要以上に自分を責めることがなくなることも多いそうです。過度なストレスをためないよう、まずは生理周期をメモすることから始めてみましょう。

2位には、《便秘または下痢になりやすい》という症状がランク・イン。
おなかが張ってつらい時は、プルーンやヨーグルトなどを積極的に食べ、腸内環境の改善に努めることをおすすめします。

さらに、9位《無気力になる》、10位《仕事の能率が低下する》など、場合によっては社会生活に深刻な影響を与えてしまう症状もランク・インしています。人によっては病院でPMSと診断してもらうだけで、気分がラクになることもあるのだとか。困った時はひとりで悩まず、専門家の力を借りてみてはいかがでしょうか。
女性特有のPMS(生理前症候群)のツライ症状ランキング

画像:goo画像検索

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月24日~2015年2月27日
有効回答者数:250名(20~40代女性)