地元を離れて生活していると、なかなか実家に帰るのが面倒になってしまいがち。しかしお盆や正月に帰れば、両親の笑顔や気遣い、そして心づくしの料理に癒やされ、「やっぱり地元はいいなあ…」なんて改めて感じる人も多いのではないでしょうか。今回は、「実家に帰ったときに出てきたら嬉しい食べもの」について、みなさんにアンケートをとってみました。

■実家に帰ったときに出てきたら嬉しい食べものランキング
1位:寿司
1位:すきやき
3位:からあげ
3位:カレーライス
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

同率1位にランク・インしたのは、《寿司》と《すきやき》でした。《寿司》も《すきやき》も、食卓に並ぶメニューの中ではなかなかの高級品です。稼ぎがある世代はともかく、学生や新社会人は「贅沢な食事をするより、もっと買うべきものがあるし…」と敬遠してしまいやすいメニューですよね。実家に帰れば両親が食費をもってくれる場合が多いため、つい「お寿司が食べたい」「すきやきが食べたい」と甘えてしまう人も多いのでは?また、同率3位には《からあげ》と《カレーライス》という、若者らしいメニューがランク・インしました。カレーライスやからあげは、実家で暮らしていた頃には何度も食卓に出たはずの家庭の味。子供の頃から慣れ親しんだ味だからこそ、実家に帰った時に食べておきたいと思えるのかもしれませんね。
ランキングには6位《豚汁》、7位《お味噌汁》といった家庭ならではの味のほか、9位《ちらし寿司》といった特別なメニューもランク・インしています。家庭の味を求めるか、デリバリーの高級メニューを求めるかで、その人の意外な一面がわかってしまうかも…あなたは実家に帰った時、どんな食べ物が出てきたら嬉しいですか?

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月24日~2014年2月27日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)