普段の生活の中で、心の疲れを感じる人が増えているそうです。仕事のストレスや日常生活の中での不安、人間関係の悩みなど、原因は人によってさまざま…。心の疲れが積み重なると、やがて重篤な心の病気をひきおこすことにもなりかねません。精神的に落ち込んだり、どうしようもなく不安になったりと、気づかないうちに症状が進む場合もあります。そこで今回は、心の疲れを感じる瞬間について皆さんに聞いてみました。

■心の疲れを感じる瞬間ランキング
1位:対人関係がうまくいかないとき
2位:将来の不安を感じたとき
3位:お金が足りないとき
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《対人関係がうまくいかないとき》が選ばれました。
実に半数以上の人が《対人関係がうまくいかないとき》と回答しています。学校や職場、家庭や友人関係で心の疲れを感じる人が多いようです。中には「対人関係がうまくいかないのは自分自身に原因があるのでは…」と悩む人も。《対人関係がうまくいかないとき》は、無理をせず相手と少し距離をおくのもよいかもしれませんね。

2位には《将来の不安を感じたとき》がランク・イン。
誰でも先のことはわからないもの。心の疲れを感じるのなら「なるようになるさ!」ぐらいに開き直ることも場合によっては必要かもしれませんね。

4位は《仕事でプレッシャーを感じたとき》でした。
責任感が強く、何事も真面目に取り組む人に見られるようです。《仕事でプレッシャーを感じたとき》に心が疲れるのは、自分の身体が精神的な休養を求めているサインかもしれませんね。
心の疲れを感じる瞬間ランキング

一方、6位の《身体の不調を感じたとき》、8位の《理由もなく気分が沈む》、9位の《夜眠れなくなる》は、もしかしたら心の病気の前兆かもしれません。そんな時は、ひとりで悩まないで専門医を受診してください。心療内科や精神科では、それぞれ症状に合わせて最適な方法で治療を受けることができますよ。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月24日~2014年2月27日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)