近年日本伝統の間取りである和室の良さが、改めて見直されているようです。和室に敷き詰められている畳は、人間の心を癒してくれる効果があるとか…。確かに、和室で過ごすと気持ちが落ち着いてくるのを感じますよね。そこで今回は、和室の魅力について皆さんに聞いてみました。

■「やっぱり和室はいいなぁ」と思うことランキング
1位:いぐさの独特の香り
2位:すぐに横になれる
3位:日本の伝統を感じられる落ち着いた雰囲気
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

 1位に輝いたのは、《いぐさの独特の香り》でした。和室に敷き詰められている畳は、いぐさを編み込んで作られる日本伝統の床材です。《いぐさの独特の香り》が特長で、鎮静効果があるとも言われています。一方で、畳は、年月とともに擦り切れて劣化してしまうのが難点…。3年から5年を目安に裏返したり、張り替えると良いそうです。和室が1部屋でもあるなら、畳の状態を確認して張り替えてみてはいかがでしょう。簡単なリフォームですが、専門業者に依頼するとすぐに対応してくれますよ。2位には、《すぐに横になれる》が選ばれました。畳は、洋室のフローリング床とは違い、優れたクッション材としての役割を持っています。直に座れたり寝ることができるのは、畳ならではと言えますよね。疲れたら《すぐに横になれる》和室に癒される人が多いようです。3位は、《日本の伝統を感じられる落ち着いた雰囲気》がランク・イン。障子からもれる自然の光や畳や襖の美しさ、限られた空間の中で日本の美意識が隅々まで感じられる和室。その魅力で私たちを虜にするのも当然なのかもしれませんね。他にも、《冬でも床が冷えない》や《掃除が簡単》など、和室が持つ高い機能性に関する回答も寄せられています。
 最近では、新素材を使った畳やデザイン性を重視した畳など、種類や活用の幅が広がっているとこと。その背景には、和室への人気度の高さがうかがえますね。このランキングから、皆さんにも和室の良さを改めて感じてもらえたのではないでしょうか。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月24日~2014年2月27日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)