忙しい日々を送っていると、睡眠を疎かにしがちです。あるいは、たっぷりと睡眠時間をとっているはずなのに、すっきりとしない人もいるかもしれません。日々健康に過ごすためには、質のよい睡眠を確保することが大切です。今回は、快眠のためにこだわっていることを聞いてみました。

■快眠のためにこだわっていることランキング
1位:自分に合った枕を使う
2位:規則正しい生活をする
3位:着心地のよいパジャマ(寝間着)を着る
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位は《自分に合った枕を使う》が選ばれました。
枕の高さは、横から見たときに、頚椎がS字カーブを描く状態が理想と言われています。百貨店などの寝具コーナーや専門店では、計測やコンサルティングを行い、パーツを選んで、最適な枕を提案するサービスを行っているところもあります。枕が合わないとお悩みの方は、一度足を運んでみては?

2位には《規則正しい生活をする》がランク・イン。
毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きることも、質の良い睡眠を得るために大切なこと。不規則な生活を送っているなら、生活習慣を見なおしてみるのも効果的のようです。

3位は《着心地のよいパジャマ(寝間着)を着る》が入りました。
実はスウェットや部屋着のまま寝るよりも、パジャマに着替えたほうが快眠できるという結果も出ています。家ではパジャマを使っていないという方は、部屋着とは別に、着心地のよいパジャマを用意してみては?

また6位には、《寝る前にスマホを見ない》が入りました。
スマホで使われているブルーライトは、脳を覚醒させてしまう働きがあるとされています。眠れないからとスマホをみる行為は避けた方がよいでしょう。
快眠のためにこだわっていることランキング

よく眠れないと悩んでいる人は、寝具にも原因があるかもしれません。このランキングを参考に、一度枕や布団を変えてみてはいかがでしょうか。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月24日~2015年2月27日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)