自由な時間をとりやすい学生時代。卒業して社会人になると、学生時代のように、なかなか自由には動き回れないもの。さまざまなことにチャレンジできるのも、時間のある学生だからこそなのかもしれません。そこで今回は、社会人を対象に学校卒業前にやっておきたかったことを調査しました。

■学校卒業前にやっておきたかったことランキング
1位:資格などの勉強
2位:お金の知識(保険、税金、会計)
3位:海外旅行
⇒4位以降のランキング結果はこちら!

1位には《資格などの勉強》が入りました。
「学生」という名前の通り、学生時代は勉学に励むべき時期です。しかし、学生当時は勉強よりも、別のことに夢中になっていたという方が多いのでは?社会人になってあの資格の勉強おけばと思うこともしばしば。社会人になってからわかることもあるので、やる気があれば学生時代よりもスムーズに頭に入るかもしれません。

2位は《お金の知識(保険、税金、会計)》でした。
学生時代、生活費などを親に払ってもらっていた人も、社会に出れば、自らの稼ぎで生計を立てなくてはなりません。給料やボーナスをどう使うか、あるいは税金に関する知識など、社会人になってから「勉強しておけばよかった…」と後悔するのかもしれませんね。

3位には《海外旅行》がランク・イン。
社会人になるとまとまった長期休暇は、取りにくいですし、学生時代はオフシーズンに安く旅行することもできます。また、学割プランなどもあるため、少ない資金で旅行を楽しめるというのは、学生の特権なのかもしれません。

5位には、《異性との出会いを積極的に》が入りました。
社会人になると、実は異性との出会いが少ないもの。学生のうちに異性と交流するきっかけは作っておきたいようです。

学生のみなさんは、こちらのランキングを参考に有意義な学生生活を送ってほしいですね。
学校卒業前にやっておけば、と後悔することもあるかもしれませんが、資格取得やお金の知識など、社会人になってもできることもあります。限られた時間で勉強をするのも、有意義に過ごせるかもしれません。

調査方法:アイブリッジ(株)提供の「リサーチプラス」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
調査期間:2015年2月17日
有効回答者数:500名(男性:250名 女性:250名)